保険は生きるのに欠かせないもの

保険とは、大勢の人が少しずつお金を出し合って緊急時への備えとすることです。もともとは助けあいの精神から生まれました。世の中には数え切れないほどの種類があり、ほとんどの人が何かしらに加入しています。火災・自動車・生命といったあたりがすぐに思い浮かびますね。国民年金や健康保険もその一種なので、生きていくのには欠かせないものとなっているのです。ここでは医療に関するものを説明していきます。病気やケガで入院、または手術をした時に会社から給付金が出る制度を指します。これが第3分野と呼ばれる理由は、生命が1で損害が2だからです。

病気やケガに備えよう

医療保険には、がんに備えるものや傷害に関係するものがあります。各社から多様な商品が販売されていますね。なぜ必要とされているのかというと、長期入院や手術が必要になったときへの備えが必要だからです。普段から貯金しておくにしてもこれだけあれば大丈夫という目安はありません。休日にサッカーをしていたら足を骨折してしまい、治療費と通勤のタクシー代と欠勤による減給で30万円の損失に…。こんなとき、医療保険に加入していたら入院給付20日分と手術給付で計30万円を受け取ることができたかもしれません。経済的負担を回避することができるのです。

新着情報

2015-04-02 保険相談の有効性はが追加されました。
2013-09-20 人命救助と胸骨圧迫が追加されました。
2013-01-10 がん保険比較は大事が追加されました。
2012-12-04 医療保険選びのコツが追加されました。
2012-12-04 医療保険と給付金が追加されました。

保険の基本に関する情報